Top >  女性の気になる『恋愛依存症』 >  自己評価能力の低下

自己評価能力の低下

恋愛依存症者は、恋愛中かどうかに関係なく

自己評価を低く見ています。


自分に自信が無い、自分に価値を感じない・・・

などという気持ちがあるのです。


それに伴って自分との関係を上手く保てない

ということも言えるでしょう。


自分は、ひとりの人間です。

自分を評価し、愛することで、自分との上手な付き合い方ができます。

しかし、自尊心に欠けてしまうと自分を客観視できなくなります。


これは、メンタルヘルスを抱える人に多い傾向で

恋愛依存症に限ったことではありません。


また、これも幼い頃の記憶とも関係しています。

親に褒められた経験が無かったり

いつも叱られては殴られたり、罵声を浴びせられる・・・などなど。


このような経験をすれば

それは心のトラウマとなってしまいます。


「自分はダメな人間なんだ」

「自分は評価されない人間だ」


と思い込むようになってしまいます。


これが、自己評価を正確に行えない原因になると言えます。




【復縁をお考えの方へ、緊急のご案内】

この復縁ガイドブックが実現させてくれます(値上げ前にご覧ください)



【サイトユーザーからのお悩み相談】


借金問題に関する相談


         

女性の気になる『恋愛依存症』

恋愛依存症・・・実はとっても深刻な問題です。
しかし、克服も確実に実現します。
楽しい人生を送るために
恋愛依存症の正しい知識と克服方法を考えていきましょう!

関連エントリー


私は恋愛依存症?
恋愛依存症の正しい知識
無条件で確実な愛情
見捨てられる不安
自己評価能力の低下
自分の価値・愛し方
安心感から過剰な要求へ
複数の恋愛の繰り返し
セックス依存症







Yahoo!ブックマークに登録