Top >  女性の気になる『恋愛依存症』 >  自分の価値・愛し方

自分の価値・愛し方

親に見捨てられたり、虐待を受けた子供は

健全な愛情というものを知りません。


親から当たり前に与えられるべき愛情は、

温かい家庭に育った人にとっては

自然と心の中から湧き出てくるものです。


しかし、親(育ての親も含む)からの温かい愛情を受けなかった場合

誰もその愛情を教えてはくれないのが現実です。


そのため、自分に対しての愛し方も分からず

それを勉強することもできません。

このことも、自己評価の低下に繋がります。


すると、大人同士の健全な関係を築くときに

『自分は価値の低い、不完全な人間だ』

という思いを抱いてしまいます。


私の場合、相手よりも自分の存在を低く置き

一歩引いたところで彼を支えていました。


彼に強く意見することもなく、彼の言うなりになったり

過剰な奉仕をしてしまったんです。


これは、『自分の価値』を正しく把握できていなかったからです。


このようなことが主な要因となって

誰もがうらやむような幸せな恋愛ができないのです。




【復縁をお考えの方へ、緊急のご案内】

この復縁ガイドブックが実現させてくれます(値上げ前にご覧ください)



【サイトユーザーからのお悩み相談】


借金問題に関する相談


         

女性の気になる『恋愛依存症』

恋愛依存症・・・実はとっても深刻な問題です。
しかし、克服も確実に実現します。
楽しい人生を送るために
恋愛依存症の正しい知識と克服方法を考えていきましょう!

関連エントリー


私は恋愛依存症?
恋愛依存症の正しい知識
無条件で確実な愛情
見捨てられる不安
自己評価能力の低下
自分の価値・愛し方
安心感から過剰な要求へ
複数の恋愛の繰り返し
セックス依存症







Yahoo!ブックマークに登録