Top >  恋愛依存症体験記 >  恋愛依存症体験談2

恋愛依存症体験談2

彼の不安定な生活ぶりなどに対して

不満を持たなかったわけではありません。


もっとしっかりして欲しいと思いました;;

しかし、それでも彼が私をいつか安心させてくれるはずだ

という根拠の無い信念を貫いていました。


私の協力がなければ、明日の生活費も無いという状態でも、

就職活動への意欲は真剣とは言えず

所謂『ヒモ』状態です(笑)


しかし、良い関係ではないし

不満がどんどん募りつつあると自分でも自覚していました。


でも、いつか、しっかりと安定した生活を取り戻し

私と結婚して養ってくれると信じていました。

今の生活ぶりは、そんな願いとは程遠かったのですが・・・^^;


それでも私は、しばらくの間

彼に時間とお金を費やし続けました。


誰に聞かせてみても

微笑ましい・羨ましい恋愛関係には見えなかったはずです。


18歳の私に、24歳の彼が援助してもらうというのは

健全だとは言えません。


しかし、それを気にも留めていなかった彼を

私は何故信じ続けていたのか・・・・


それを分析してみると

恋愛依存症の特徴とぴったり当てはまったのが

発覚のきっかけとなたのです!




【復縁をお考えの方へ、緊急のご案内】

この復縁ガイドブックが実現させてくれます(値上げ前にご覧ください)



【サイトユーザーからのお悩み相談】


借金問題に関する相談


         

恋愛依存症体験記

ここでは、私の実際の体験記や
感じたこと、ここが問題だったと感じる点などに絡めて
恋愛依存症について触れていきます。

関連エントリー


恋愛依存症体験談1
恋愛依存症体験談2
恋愛依存症の継続
恋愛依存症者の苦悩







Yahoo!ブックマークに登録